福祉用具専門相談員の資格

福祉用具専門相談員の資格

 

福祉用具専門相談員は、介護が必要な高齢者、障害者、その家族が福祉用具を購入、レンタルするときに、利用者に合ったものを選択する支援や指導をします。

 

日々、福祉用具の種類が増え、最新の技術が導入されるので、常に専門的な知識が必要とされます。

 

介護保険制度では、福祉用具の貸与などが給付の対象になっており、専門家と相談して用具を決めなければならないので、福祉用具専門相談員の資格は重要です。

 

指定福祉用具貸与事務所では福祉用具専門相談員を2名以上配置することが義務付けられ、資格を有する専門相談員を必要とする事業所が今後増えていきます。

 

【BrushUP 学び】であなたの地域で受けられる福祉用具専門相談員のスクール&講座♪

福祉用具専門相談員の講座内容

資格の取得にかかる期間は5日間ほどで、講座にかかる費用は35,000〜50,000円ほどです。

 

受験資格や試験はなく、厚生労働省が指定する講習会を受講することで資格を取得することができます。

 

講習会は講義と実習の計40時間です。

 

 

講義の内容は老人保健福祉に関する基礎知識、介護と福祉器具に関する知識、関連領域に関する基礎知識、福祉用具の活用に関する実習の4つです。

 

なお介護福祉士、保健師、看護師、准看護師、ホームヘルパー2級以上、義肢装具士、理学療法士、作業療法士、社会福祉士は福祉用具専門相談員の要件を満たしているとみなされ、講習が免除されます。

 

また、福祉用具専門相談員から介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネージャー)の受験資格が得られます。

 

50時間の福祉用具供給事業従事者研修会を終了後、5年以内に供給事業従事者現任研修会を終了し、相談援助業務を5年以上行うことで受験資格が得られます。

 

【BrushUP 学び】であなたの地域で受けられる福祉用具専門相談員のスクール&講座♪