インテリアコーディネーターの資格

センスを生かす♪

インテリアコーディネーター

 

クライアントの部屋のイメージを実現する仕事になります。

 

ただ住むだけでなく、心地よく快適に住みたいと考える人が増えています。

 

 

自宅の部屋のコーディネイトは自分の思うようにしてみたいという想いに答えるサービス業ともいえると思います。

 

この仕事は、受注側のスキルを押しつけるのではなく、クライアントのイメージを最大限に形にすることがキーとなります。

 

従って、ラフスケッチやデッサン、カラーコーディネートなどの知識が必須となるでしょう。

 

デザイン系の方には向いている仕事といえます。

 

【BrushUP 学び】であなたの地域で受けられるインテリアコーディネーターのスクール&講座♪

やりがいのある仕事

また、インテリアは建物の中にありますから、その家のイメージにも調合したものであることが必要です。

 

実際にインテリアコーディネートとして働いている方には建築士も多く見られます。

 

とかく技術、スキル重視に見られるこの資格ですが、クライアントの思いや、生き方を反映した“演出”が必要になるため、細かい気配りができる女性に適した仕事となります。

 

付け加えて、コストも限られていますので、質の良い調度品を短期に納期できなおかつ良心的な値段で提供できるようにしなくてはいけません。

 

従いまして、この仕事は参入障壁が必ずしも低くはありませんが、やりがいのある仕事といえるでしょう。