社会福祉士の資格

社会福祉士の資格

社会福祉士は社会福祉の専門的な知識や技術で生活困難な人の援助をし、問題を一緒に解決します。

 

社会福祉士の資格は国家資格ですが、「業務独占」の資格ではないので、資格がなければ業務につくことができないということはありません。

 

しかし、社会福祉士の資格をもっていることで社会福祉の専門家であることを証明することができます。

 

仕事の募集において、有資格者を優先して採用するところや有資格者のみを募集するところが増えているので、資格があったほうが就職に便利かもしれません。

 

 

社会福祉士の資格を得るにはさまざまな方法があります。

 

4年制の福祉大学などで指定された科目を履修し、卒業して社会福祉士国家試験を受ける方法や福祉系の大学、短期大学を卒業後に1〜2年の実務経験を経て国家試験を受ける方法、通信教育の過程で受験資格を取得し、合格する方法などがあります。

 

【BrushUP 学び】であなたの地域で受けられる社会福祉士のスクール&講座♪

子育てしながら取得

子育てをしながらの場合、大学などに通うことは難しいことが多いので、通信教育を利用して、社会福祉士の資格を得る方が多くいます。

 

通信教育の場合、学校によって異なりますが、書類の審査で入学が許可されることがほとんどで、時期は春入学と秋入学があります。

 

入学後は、ほとんどがテキストを使用しての自宅学習で、スケジュールを調整してスクーリングや科目の終了試験、現場での実習を行います。

 

社会福祉士は、学校の卒業と同時に社会福祉士の国家試験受験資格を得ることができます。

 

費用は学校や通う年数によって異なりますが、入学金が30,000〜60,000円ほどで、受講料が100,000〜200,000円です。

 

ほかにテキスト代などがかかるところもあります。