調剤薬局事務の資格

取得難易度は高くないため取得しやすい

調剤薬局事務

 

調剤薬局事務は、調剤報酬請求事務(レセプト作成)を中心とした事務職を扱います。
医療事務との棲み分けがわかりにくいところです。医薬分業化が進んでおり、調剤薬局で働く場合は”調剤薬局事務”を、病院で働く場合は”医療事務”が必要となります。

 

 

取得難易度が高くないため、手に職をつけたい主婦層にはうってつけの資格です。受験資格が不要なことも大事なポイントです。

 

【BrushUP 学び】であなたの地域で受けられる調剤薬局事務のスクール&講座♪

試験内容と勉強方法

試験実施団体は、技術認定振興協会が運営母体となっています。
試験内容は、年6回(1、3、5、7、9、11月)実施しており、試験機会が多いことは安心です。
学科はマークシート方式で10問、実技はレセプト作成・点検となり、3問出題されます。
合格基準は学科では70点以上必要です(100点満点)。実技は1問につき50%以上、全体で70%以上の正答率が必要となります。

 

勉強方法についてですが、会場受験と在宅受験が選べます。
必要時間と費用ですが、通信講座だと、4ヶ月で4万円が目安となります。自己投資としては気軽にできることが魅力です。

将来性♪

気になる収入ですが、正社員採用で10〜15万程度/月といったところでしょうか。


(ハローワーク求人調べ)

 

 将来性ですが、高齢化が進むため医療機関を利用する人が増加し、それに伴って調剤薬局の役割も増加するものと思われます。
また、医療事務を取得することで、薬局だけに限定されず職域を広げることができます。

 

【BrushUP 学び】であなたの地域で受けられる調剤薬局事務のスクール&講座♪